本を査定して高く買取してもらうには

先日クローゼットに閉まっておいたマンガの本を売りに出そうと考え、クローゼットから約100冊程のマンガを引っ張り出してきました。定期的に買って溜まったマンガを買取りしてくれる所に売りに行くのですが、クローゼットにいつもマンガを閉まっておくのは売りに行った時に査定額に影響があるからです。もちろん破れていたり、落書きがあったり、汚れていたりすれば買い取ってくれる金額は少なくなりますし、買い取ってもらえない場合だってあります。自分はそうならない様にクローゼットに閉まっておいてます。部屋に出しっ放しにすれば知らない間に踏んで破れるかもしれませんし、子供が勝手に落書きするかもしれません。そういう事態を未然に防いでいるのです。更にもう1つ理由があります。それは日焼けです。日に長時間当る事により紙の色というのは変色します。そういった事が無い様にする為にも暗いクローゼットに閉まって置くのが良いのです。


本をリサイクルショップに行き買取査定してもらった

小さいころから読書が好きでよく図書館で借りたり、本屋さんで購入していました。そのためか家にはたくさんの種類の数があり小さな図書館みたいでした。そんな小さな図書館でしたが、引っ越しをすることとなり荷造りをするにあたって数を減らさなくてはいけなくなりました。ただ処分するだけではもったいないのでリサイクルショップで買取をしてもらうことにしました。その為まずは同じようなジャンルを集めまとめていくつかのお店に行くことにしました。お店によって査定額が違うので少しでも高く買ってもらうためにもいろんなお店に足を運びました。まとめて出すと少し額がアップしたり、曜日にもよって額がアップするために数か月間かけて売りに出しました。大分手間のかかる作業でしたが、思い入れのある本ばかりだったので頑張りました。そのおかげですっきり荷造りも出来て良かったです。


本は読んだら査定→買取してもらう

私は本が大好きで、ついたくさん買ってしまうのですが大抵の場合、1度読んだら2度は読みません。そこで本が溜まってきたら、なるべく売りに行くようにしています。たくさんの冊数を持って行っても店員さんが迅速に対応をしてくれて、待ち時間もそんなにかかりませんし、買ってすぐの物(状態がキレイな物)でしたら思いの外、高額での買取もしてくれます。もし可能であれば、なるべく週末よりは平日の方がお店も空いていますよ。そしてもうひとつの私の楽しみ。お店で中古販売されている本を読むこと。本を読んでいると、査定時間はそこまで長く感じないと思いますよ。そしてまたそこで、本を買ってしまうのですが。本は場所もそこそこ取りますし、本好きな方は収納でお悩みの方も多いと思いますが、思い切って売ってみるとゆうのもひとつの手だと思います。お部屋がスッキリしますよ。